問い合わせ先 交通アクセス

看護部

看護部の理念

  • 思いやりをもった看護・介護を提供します

看護部の方針

  • 看護を通して、地域社会に貢献します。
  • 専門性、協調性を持って、看護師として自分の役割を理解し、チーム医療を実践します。
  • 患者、家族の意思に添って、看護を提供します。

看護部の目標

  • 在宅復帰に向けた積極的な退院支援の推進
  • 対象のニーズに応じた安全で安心な看護・介護の質の確保
  • 人材確保と人材育成の促進
  • 倫理的完成を高め、専門職としての誇りと自覚を持って行動する職場環境づくり

ごあいさつ

看護部長

看護部長・認定看護管理者:後藤 寿美子

聖ヶ塔病院は、夕日の美しい有明海やみかんがたわわに実る山の豊かな自然に恵まれた療養環境に囲まれ、「思いやりをもった看護・介護の提供」を基本理念とし、患者様もご家族も職員も皆が満足する医療・看護サービスの提供を目指して行動しています。また、有明・河内地区の「かかりつけ病院」として地域住民の方々のご期待にそえるよう、各医療機関、在宅関連施設とも積極的に連携を図っています。

今、看護部では、その人らしい療養生活を支援できるケアを目指して、振り返りをおこないながら実践しています。

また、幅広い年代のスタッフが働いており、各年代の特性を活かしながらそれぞれのライフスタイルに合わせた働き方ができるように協力し合い、明るく・前向きでアットホームな職場です。

スタッフの教育体制は、プリセプター制度をとっており、新人だけでなく、中途採用者の職員にもサポーターを配置して、業務内容の教育だけでなく心のサポートも出来る体制にしています。現在、「人はいつまでも成長し続ける事が出来る」という考えのもと、「明るく・楽しく・身につく研修」「ともに学び合う」をスローガンに職員の特性に合わせた教育を行っています。

* プロフィール*
熊本大学教育学部特別教科(看護)教員養成課程 卒業
6年間の臨床経験の後、熊本中央高等学校看護専攻科で11年間看護基礎教育にあたる。
平成21年4月から医療法人財団聖十字会 西日本病院に勤務、教育師長として継続教育を担当。
平成25年11月より医療法人財団聖十字会聖ヶ塔病院に看護部長として就任。
資格:看護師免許・高等学校教諭(看護)一種免許・中学校教諭(保健)一種免許
       高等学校(保健)一種免許・養護教諭免許

看護部教育体制

本田師長

教育担当師長:本田 美樹

看護部教育目的・目標に基づき看護職員教育企画・運営を通して、看護・介護実践の質の確保のために活動しています。

今年度より新人教育に力を入れ、教育体制の見直しを行なっています。個々の能力開発と現場に即した「明るく、楽しく、身につく」院内研修を目指しています。

平成27年度 看護部教育研修計画(PDFファイル)

プリセプターとプリセプティーと病棟師長のミーティングです。

先輩ナースの声

3階東病棟 看護師 Y・M
(高等学校 看護専攻科 H22年度卒)
入職して4年が経ちますが、先輩方の優しい指導の下、毎日楽しく充実した日々を送っています。患者様の笑顔に何度も救われ、この仕事を始めて、この病院で仕事が出来ることを誇りに思います。


5階病棟 准看護師 K・K
(看護専門学校 H24年度卒)
患者様と接する時は笑顔を忘れず、コミュニケーションをとるように心がけています。患者様から質問されたことをきちんとお答えできるように1日1日が勉強と思い頑張っています。ケアの後の「ありがとう」が私の活力です。


5階病棟 准看護師 S・A 
(看護専門学校 H25年度卒)
職場と家庭の両立をしながら、毎日楽しく仕事をしています。先輩看護師の方も毎日声をかけてくださり安心して仕事ができます。患者様とのコミュニケーションも、もっと勉強していきたいと思います。


6階病棟 看護師 伊津野 厚
6階病棟 看護師 伊津野 厚
患者さんに優しい看護を心がけています。分からない事があると、みんな優しく教えてくれ、非常に心強く思います。スタッフも皆明るく楽しく仕事をしています


6階病棟 看護師 工藤 広章
6階病棟 看護師 工藤 広章
熊本看護専門学校通信制に通い、本年度より看護師として働いています。昨年まで准看護師として仕事をしながら通信教育で学びました。仕事・学校・家庭の3本立てができるのもこの病院の魅力と思います。


病棟紹介

2階療養病棟 看護師長 上野 須美子
2階療養病棟 看護師長 上野 須美子
<メッセージ>高齢者慢性期疾患における長期療養が必要な方が入院されていますが、現在「その人らしい生活の場」に向けた退院支援が出来るように目指しています。スタッフは経験豊富なものから、新人、働きながら看護学校へ通っているスタッフなど皆で協力して頑張っています。


2階東回復期リハビリテーション病棟 看護師長 河北 るみ子
2階東回復期リハビリテーション病棟 看護師長 河北 るみ子
看護体制:15:1
主な疾患:大腿骨頚部骨折、脳血管疾患など
<メッセージ>回復期リハビリテーション病棟は、寝たきりの防止と在宅退院を目標にスタッフ一同頑張っています。リハビリ MSWとの連携も早期から行い、患者様にも食事や排泄などの生活動作の獲得を目標に取り組んでいただいています。本年度は、退院後訪問にも力を入れ、退院後のフォローアップをすることで、患者様の不安の軽減が図れるように努めています


3階療養病棟 看護師長 坂本 ひとみ
3階療養病棟 看護師長 坂本 ひとみ
看護体制:25:1
主な疾患:脳血管障害、認知症など
<メッセージ>当病棟では、今年度退院支援を目標にスタッフ一同、頑張っています。施設のみならず在宅退院にも力を入れています。
入院時から今後の退院の方向性をしっかり本人と家族と話合い、相談員、ケアマネージャー、リハビリを含めたカンファレンスも早期から予定しています。


3階東療養病棟 看護師長 佃 江利子
3階東療養病棟 看護師長 佃 江利子
看護体制: 25:1
主な疾患:老人性認知症、廃用症候群など
<メッセージ>認知症や脳梗塞後遺症の患者様も多く、残存機能を維持できるように病棟内において、生活リハビリにも力を入れています。排泄介助や入浴介助、食事介助など介護の部分も多く、看護・介護一丸となって患者様のADL維持向上に努めています。


4階障害者施設等一般病棟 看護師長 本田 美樹
4階障害者施設等一般病棟 看護師長 本田 美樹
看護体制:10:1
<メッセージ>神経難病の患者様や人工呼吸器使用の患者様が入院されています。今年度の病棟目標は個人が倫理的感性を高め、問題に気付く力をつけるために、体験事例を通して支援の振り返りを行い、患者様に安楽な入院生活を送ってもらえるように日々努力しています。


5階障害者施設等一般病棟  看護師長 田上 民弥
5階障害者施設等一般病棟  看護師長 田上 民弥
看護体制:10:1
<メッセージ>当病棟は障害者一般病棟でベッド数50床を有しています。パーキンソン病や多系統萎縮症の疾患を持った患者や人工呼吸器管理を要する患者様までいらっしゃいます。看護師はベテランから新人までいるため、新人教育にはプリセプターだけではなく、病棟全体で指導教育に当たっています。スタッフがイキイキと働ける職場環境を目指します。


6階療養病棟  看護師長 尾山 眞奈美
6階療養病棟  看護師長 尾山 眞奈美
看護体制:20:1
<メッセージ>当病棟は、看護介護ともに必要度の高い患者様が入院されています。医療依存度も高く、認知症の患者様も多く入院されています。訴えがない方の苦痛等にすばやく気付き対処できるように、コミュニケーションを主に患者様に寄り添う看護に努めています。

充実した福利厚生

  • 奨学金制度
  • 有給休暇制度 夏季休暇有り シフトにより、1ヶ月の休日8~10日(年間休日 109 日)
  • 育児休業取得実績
  • 介護休暇制度
充実した福利厚生

皆様のやる気を応援します

  • 看護学校進学サポート
  • 資格取得推進
  • 各種研修会参加推進
  • ブランクがあっても大丈夫!
    メンタル面も含めた万全のバックアップ体制があります
  • 仕事と家庭の両立ができます!
  • いきいき健康教室
  • ボランティア募集中
  • オープンホスピタルのご案内
 看護部 リハビリテーション科 栄養科 在宅総合ケアセンター 地域連携部 「患者さんの権利と責任」の宣言 熊本大腿骨頚部骨折シームレスケア研究会